スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブマシン構成

サブマシンは電源とマザーの両方が逝っていました。
過電流でも走ったのかな…。
マザーが逝っているということはCPU・メモリ・グラボ・HDドライブを買い換えないといけません。
CPU・メモリ・グラボ・HDドライブの規格はマザーボードによって決まりますので。
でも、できるだけ手持ち部品を流用したいです。
あと、ケースは買い替えたいです。
前面のUSB端子が潰れて使えないので。
あと、今はフルタワーケースなのですが場所を取るのでミドルタワーケースにしようかなと。

まとめると
■ケース:ミドルタワーケースに買い替え
■マザー:MicroATXに買い替え
■CPU:PentiumDualCoreあり
■メモリ:DDRの2GBあり
■ビデオカード:AGPあり
■HDドライブ:IDE2台あり
■DVDドライブ:IDEあり
■電源:新品あり
ですね。

うーん。
■CPU:PentiumDualCoreあり
■メモリ:DDRの2GBあり
■ビデオカード:AGPあり
■HDドライブ:IDE2台あり
■DVDドライブ:IDEあり
が使えるマザーがあるかどうかkakaku.comで調べてみましたがありませんでした。
今のご時世では当たり前ですねw。
特にメモリがDDRとビデオカードがAGPとHDドライブがIDEが痛いみたいです。
現在ではほとんどDDR2とPCI-ExpressとSerialATAになっています。

先ほどアマゾンに注文しました。
サブマシンの構成は以下のとおりです。
■ケース:TM-373 約5,000円
■マザー:P5SD2-VM 約5,000円
■CPU:Celeron Dual-Core E1200 約5,500円
■メモリ:DDR2の2GB 約2,000円
■ビデオカード:オンボードグラフィックス
■HDドライブ:SATA 500GB 約5,500円
■DVDドライブ:IDEあり
■電源:新品あり 約3,000円
トータルで約26,000円の出費ですね。

それにしても自作パソコンは2年から3年のペースで壊れますw。
まあ安く作れるのでそんなに痛くはないのですが5年は持ってほしいところです。

あと結局
■メモリ:DDRの2GBあり
■ビデオカード:AGPあり
■HDドライブ:IDE2台あり
のパーツが無駄になってしまいました。
これらに対応したマザーがあればまだ使えるものでした。
新しくパソコンを自作するときはマザーボードを2枚買っておくといいかもしれません。
マザーが壊れたらCPU・メモリ・グラボ・HDドライブを買ってあったマザーに乗せかえるだけでOKです。
経験上、一番壊れやすいのがマザーです。
自分の少ない自作経験上壊れたパーツは以下のとおりです。
■マザー2回
■グラボ1回
■電源1回
■DVDドライブ1回
■CPU・メモリ・HDドライブ0回
あと、壊れて一番痛いのもマザーです。
CPU・メモリ・グラボ・HDドライブを全部取り替えないといけませんので。
というわけでマザーP5SD2-VM約5,000円を追加注文しました。
まあ将来への投資と思っておきますw。
スポンサーサイト

comment

Secret

FC2カウンター
iddy
twitter
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
リンク元
人気ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。